タイダイ染め用にいろいろな色を作る

      2016/08/20

 

タイダイ染めカップには、赤・黄・青・レモンイエロー・ターコイズブルー・スカーレット・ブラック、合計7色の染料が入っています。今回は「色」に関してよくいただくご質問とその答えをまとめてみました。

①ターコイズブルー、スカーレットとはどんな色?

染料には本来「Sumifix Supra Brilliant Red 3BF 150% gran」のような製品名があります。が、この名前だけでは色のイメージはとても分かりにくいので、カラーマーケットでは皆さんに比較的馴染みのある「色の名前」を商品名にしています。

なお、ターコイズブルーは「緑がかった青」色。青と緑の中間色です。ターコイズブルー色が薄まると、空色や水色と呼ばれる色に近づいていきます。一方、スカーレットは、やや黄みの赤色。朱色に例えられることもありますが、厳密にいうとスカーレット色の和訳は「緋色」です(ちなみに、朱色の英訳は「バーミリオン Vermilion」)。

ともに、布に染めると色の鮮やかな綺麗な色です。

②どうして7色も入っているのですか?

タイダイ染めの醍醐味と言えば、「たくさんの色(染料)が混ざることで、いろんな色や柄が出来ること」です。ですから、いろんな色を楽しんで頂くために、基本となる色を元にセット化しました。

例えば、あらゆる色の基本となる「赤・黄・青」。いわゆる色の三原色です。この3色を使えばどんな色でも出せます。さらにより鮮やかな色を再現できるよう「ターコイズブルー・レモンイエロー・スカーレット」もセットに含めました。

③セットに入っていない色(緑や紫など)はどうやって作りますか?

無い色は、作ります。絵の具と同じように、染料と染料を混ぜれば、簡単に作成できます。

  • 緑 → 黄+青

※絵の具のような緑色を作りたい場合は「レモンイエロー」と「ターコイズブルー」を混ぜてください。「黄色と青」では「深緑」のような落ち着いた色になります。

また、「オレンジ」色と「紫」色の作り方はこちら↓

  • オレンジ → 赤+黄
  • 紫 → 赤+青

20150810_1276710

なお、色の混ぜ方には2通りあります。

  • 布の上でそれぞれの染料を掛け合わせて混ぜる
  • 染料を混ぜて予め色を作っておく

これは、どちらでもやりやすい方で行ってください。いずれにせよ、色が混ざりすぎると暗い色になります。このため、2種類程度までに抑えるのが混色のコツです。

最後に、染料液を作った後は、容器に「○○色」と色の名前が分かるようにしておきましょう。布に掛ける順番に並べておくとさらに便利です。布に染料液をかけることに夢中になり、つい違う色をかけてしまう・・・なんてこともありますので。

Tシャツを染める - タイダイ染め / カラーマーケット

ご家庭でタイダイ染めができる! 色の専門サイト「カラーマーケット」
→ 「タイダイ染めカップ」商品ページへ

 - タイダイ染め , ,