【検証】布用絵の具かけるくん!を使って、毛糸をムラなく染める方法

   

 

実験者:水島

【準備物】

アクリル毛糸、かけるくん!蛍光オレンジ、水(希釈用)、手袋、ボール

準備物

 


【方法】

➊かけるくん!の染色液を準備します。

今回は以下の6種類を用意しました。

①原液 ②2倍液 ③5倍液 ④10倍液 ⑤20倍液 ⑥50倍液

 

➋かせにした毛糸に➊の染色液をそれぞれかけて、もみこみながら色をなじませていきます。

 

➌毛糸を絞ります。

 絞ると色が繊維に入っていくので、色が定着しやすくなります。

 

➍ボールなど容器に入れて、そのまま放置します。

 お店では冬場の室内で2日間放置していると、自然と乾燥しました。


【結果】

①原液 : しっかり色が定着しました。

原液で染色


 
②2倍液 : 原液よりは薄くなりましたが、しっかり染まりました。
 

2倍液で染色


③5倍液 : 希釈した分、色が明るくなりました。

5倍液で染色


④10倍液 : 色にムラが出始めました。

10倍液で染色


⑤ 20倍液 : 

 染まっているところと、染まっていないところのムラが目立ちます。

20倍液で染色


⑥50倍液 : 20倍よりもさらにムラになりました。

50倍液で染色


【結論】

◎5倍液までならムラなく均一に染めることができました。

 

10倍液以上になると、ムラが目立つようになりました。

淡くて、濃淡の風合いがお好きな方は10倍液以上に薄めても

お楽しみいただけると思います。


【ポイント・コツ】

・かけるくん!の成分により、染色後毛糸にゴワツキが出ました。

 柔らかくするには、こすり合わせるのも1つの方法です。

 

少量の場合は、手で毛糸同士をこすり合わせてみてください。

大量の場合は、かせにして一部(例:以下の写真の黄色の部分)を固定し、ネットに入れてコインランドリーの乾燥機(タンブラー)で回すといいかと思います。

乾燥機に入れる際のポイント


以上、今回は

・かけるくん!で糸を「蛍光色に染めたい」

・ムラなく均一に毛糸に色を付けたい

というご要望にお応えして、毛糸染めの検証をやってみました!

分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

かけるくん!はカラーバリエーションを豊富に取り揃えております。

どうぞこちらからご覧くださいませ。

 

新色もご用意しておりますよ♪

 - かけるくん!Q&A , , ,